1. home
  2. watt sense projectについて
  3. watt senseについて

watt senseとは

わたしたちの心に芽生えはじめた、
エネルギーの使い方を考えるセンス。

3.11以降、私たちは、 人にとってデンキとは何か、エネルギーとは何か、
さらにいえば、便利さとは何か、 自分にとって幸せな生活とは何か、
そんなことを考え始めています。 そう考えてみると、3.11を起点とする「節電」は、
日本人の創造性を発揮する機会だったのかもしれません。

たとえば、震災後の大規模停電を食い止めるため、
多くの市民が自発的に協力し、創造的に連帯しました。

今まで無意識だったスイッチのオンとオフに、
便利とムダというコミュニケーションが生まれました。

また、エネルギーを効率化する技術や機器が次々と開発され、
今こそ日本の技術力の真価が問われています。

さらに「節電」を機会に、 家族や友人と一緒に過ごす時間が増えています。

一人ひとりの心に芽生え始めた、 デンキやエネルギーと社会のあり方を考える気持ち。
一人ひとりの心に芽生え始めた、 デンキやエネルギーと自分のあり方を考える気持ち。

そのように社会全体に芽生えはじめた、
"エネルギーの使い方を考えるセンス"を、ワットセンスと呼んでみることにしました。

いま時代に問われるワット6センス!

一人ひとりの心に芽生え始めた、デンキやエネルギーと社会のあり方、自分のあり方を考える気持ち。

エネルギーの使い方を考えるワット6センス

  • マイワット
  • マイワット
  • マイワット
  • マイワット
  • マイワット
  • マイワット
Copyright © Japan Empowerment Consortium All right Reserved.