1. home
  2. watt sense projectについて
  3. watt 6 act について
  4. watt shift

WATT SHIFT について

ワットをシフトしよう

ワットをシフトするアクション

早起きをしよう

早起きをしよう

早起きを心がけましょう。朝早く起きることで、エネルギーピークをずらすことができるだけでなく、早い時間の電車にゆったり乗れる、帰宅時間が早くなる等、一日を有意義にそして健康的に過ごすことができます。
昼寝をしよう

昼寝をしよう

休憩時間にはパソコンの電源を消して昼寝をしましょう。昼寝の効果はとても高く、夜の睡眠の3倍の効果とも言われています※。短時間の昼寝でも効果は高く、午後の仕事の能率も上がります。
定時に帰ろう

定時に帰ろう

会社だけでなく個人でもノー残業デーを決め、定時に帰りましょう。定時帰社は、労働時間の短縮だけではなく、将来へ向けたスキルアップや、家族や友人との充実した生活など、明日のエネルギーにもつながります。
夏休みを楽しもう

夏休みを楽しもう

休日を分散させて夏休みを楽しみましょう。夏場のピークから夏季休暇をずらすことで、エネルギーのピークシフトができるだけでなく、混雑の緩和につながります。充実した休みを過ごすと、休み明けの仕事も充実します。
出勤日をずらそう

出勤日をずらそう

出勤日を適度にずらしましょう。夏場の電力需要の高まる曜日の勤務を休日に振り替えるのも効果的です。出勤日をずらすことで通勤ラッシュや渋滞の解消につながるだけでなく、日常の時間の使い方もうまくなります。
夜間電力を利用しよう

夜間電力を利用しよう

夜間電力を有効活用しましょう。深夜の時間帯は電気が余っている状態なので、昼間の使用電力を分散させることにもつながります。携帯電話の充電を夜間にすることも、立派な夜間電力の利用です。
Copyright © Japan Empowerment Consortium All right Reserved.